取材紹介

INTERVIEW

HOME > 取材紹介 > 株式会社ご近所(vol.2)

株式会社ご近所

小橋 昭彦

株式会社ご近所は、「地域づくりを通して日本を幸せにする」を理念に経営をされている企画デザイン会社です。平成25年12月に丹波市にサテライトオフィスを開設、まもなく1年が経過します。サテライトオフィスのその後について、株式会社ご近所 代表取締役のにお話をお聞きしました。

サテライトオフィスの事業展開について

サテライトオフィスの1階には、20人は十分に入ることができるオープンスペースがあります。
このスペースを開放し、クリエイティブセミナーと題する講座を月1回程度開催しています。テーマはデザインからインターネットショップ運営、地域づくりまで幅広く、社員以外の皆さんにも参加してもらい、オープンでクリエイティブな“人が繋がる場”を作っています。
このような場がきっかけとなって、横のつながりが深まり、新たな事業や、丹波の魅力を発信するコラボ企画が生まれています。
丹波市のようないわゆる多自然地域は、食やイベント、景観など、もともと魅力的な地域資源が多いのですが、そこにサテライトオフィスという拠点ができたことで、高速ネットワーク網などの環境整備と先端ICTの利活用、そしてクリエイターの集積が相まって、新しい可能性が生まれています。

特に力を入れているところ

丹波市はこの数年、若者が多く移住をしてきています。弊社で働く社員も、全員が丹波市外からの移住者です。
社員には、都市部出身という彼ら彼女らの視点を持って、地域に出て取材をし、横のつながりを作ることに力を入れるように伝えています。
そうすることで、丹波市の魅力を直接見て触れて感動する、または、新しく魅力を発見する喜びを実体感してもらう。それが個人のスキルアップにもつながりますし、地域の側にやる気をもたらすきっかけにもなります。
最終的には、個々が仕事をディレクションできる人材となり、多自然地域が持つ魅力を都市部の方に伝えることで、持続可能な社会にとって必要な価値観を広め、日本を変えていくんだという気概を持ってもらいたいと考えています。

今後の展望について

若い社員たちには「常にチャレンジャーであれ」と呼びかけています。自らの熱意を高め、丹波市内で盛り上がっている地域づくりに挑戦する人たちの輪の中で、常に新しい人を巻き込んでいくだけの魅力を、持ち続けてほしいのです。会社としては、時代の共感を生む革新的なクリエイティブを生み出せる会社であり続けたいですね。都市の人の視点を持ちつつ、地域に暮らす実感をすくいあげ、共感の輪を日本に広げていく。それは、移住者をスタッフとする弊社だからこそできる挑戦だと思います。市外からのお客様との交流も多いサテライトオフィスが、その重要拠点となっています。実は、弊社が位置するのは、かつて「大路村」と呼ばれていた谷間の地域です。近い将来、この大路谷に、ITベンチャーをさらに複数社誘致したいとも思っています。そうなれば、それこそ“大路バレー”。日本中に発信できるITベンチャーの地、挑戦の地、丹波市を広めることになりますよね。

会社名 株式会社ご近所
開設地 〒669-4265 丹波市春日町中山192-1
電話 0795-78-9603
WEB http://gokinjo.sc
サテライトオフィスでの事業内容 情報誌・動画チャンネル等の制作運営
各種メディア・ブランド等の企画・デザイン
取材紹介一覧

ページの先頭へ