取材紹介

INTERVIEW

HOME > 取材紹介 > DTFジャポン合同会社
「田舎×IT」もっと町が活きるビジネスを!

DTFジャポン合同会社

藤原 隆博

DTFジャポン合同会社の代表を務める藤原さんは、神戸市出身。神戸の銀行系SIでシステムエンジニアとしてキャリアを積み、転職後のITベンチャーで社内ベンチャー制度を活用して30歳代後半で独立されました。平成26年8月に埼玉県から佐用町へ一家3人で移住し、新規ビジネスの立ち上げに邁進されておられます。代表の藤原さんにお話をお聞きしました。

進出のきっかけ

多自然地域への進出(移住)に興味を持ったきっかけは、1年程前に田舎暮らしを扱ったテレビ番組を見たことです。田舎で農業をしながら私の生業であるITを活用し、ネット販売やクラウド型システム開発などができないものかと、常々思いを巡らせていました。
佐用町には親友がおり、田舎暮らしについて相談をしたところ、とんとん拍子で話が進み、計画から移住まで2週間程でした。
住居兼事務所の古民家は、佐用町の空き家バンクを活用して物件を探し、インターネットで知った兵庫県の補助制度を活用して開業しました。
「田舎×IT」という切り口でITビジネスを仕掛けていきます。

ITで出来る町への貢献とは?

田舎暮らしを始めて分かったことですが、例えば、農家さんや一般家庭には、食べきれないほどに旬の野菜があります。それらを集めて「おじいちゃんの新鮮野菜たっぷりセット」としてインターネット販売をするなど、ITで支援できるテーマがたくさんあります。佐用町役場や佐用町商工会と共に、「雇用や人口を増やすため、ITを活用し将来への種まきをする」。このような構想で町と共存する取り組みを進めています。
現在は準備段階ですので、町内掃除やふれあい喫茶、季節のお祭りなどに進んで出席し、色々な方とお話をしています。
このような小さな積み重ねから、地方の魅力を汲みいれたITビジネスを具現化することで、楽しい田舎暮らしにつながり雇用促進や地域活性化が実現できます。
今は1日36時間ぐらい欲しいと思うほど毎日が充実しています。“リアルコミュニティからネットコミュニティへ”。絶対にやってみせます。
「ITで佐用町に人が戻り、日本や兵庫県に貢献する」と。

会社名 DTFジャポン合同会社
代表 藤原隆博
開設地 〒679-5202 兵庫県佐用郡佐用町中島150
電話 0790-71-0941
WEB http://www.dtf-japon.com
ブログ http://ameblo.jp/takahiro0160
事業内容 ITコンサルティング、システム開発全般
取材紹介一覧

ページの先頭へ